蚊遣豚のトレイルランニング日記

ロード・自転車・トレラン、いつも走っております。

第25回 日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)

年に一度の『大人の運動会』こと、ハセツネに今年も参戦してきました。

f:id:w-click:20171021002353j:plain

 

 昨日、一昨日と寒い気候だったにも関わらず、ハセツネ当日は見事な晴天と日差しで受付時には既に暑い!

スタートが午後13時00分なのでゆっくり準備して整列する。今年は去年と比べて始めから暑いので水は多めの2リットルを持ってスタートする。

序盤の広徳寺の坂を登りきった場所で大渋滞、今年はひどかった。渋滞が終わっても慌てずのんびり進む、周りはガンガン飛ばしていく、大丈夫か?

暑さに弱いにで前半は抑えめに行っているのにも関わらず、既にグロッキー状態。ヘロヘロで第一関門の浅間峠に約4時間で到着、過去最遅、先が思いやられる。

丸山あたりからが発生、このあたりから暗くなってライト点灯、暗くなれば冷えると思いきや湿度は下がらず蒸し暑い…。とにかく我慢のレース。

根性で三頭山を越え、唯一のエイドがある第二関門の月夜見第二駐車場に到着、7時間30分ぐらいだったかな?ますます霧が濃くなる、ライトが乱反射でみづらい。

水1.5リットルを補充してもらい出発、降りると霧が停滞していて1mぐらい先はほぼ見えず、まさに白い闇です。

過去3回出場してるのでほぼコース、登り、下りはわかるので大丈夫、コースミスもすることもなく御前山に到着、手前にあったハロウィン型のミラーボールとても綺麗で気持ちが和みました、グッジョブです。

たんたんとオオダワまで進み、休憩しようと思ったが休む理由もないので、すぐに大岳山へ向かう、大岳山では岩場で危ないにも関わらず強い雨が降り出した。足元に超気をつけながらゆっくり下山、第三関門の長尾平まで走るも既に体力は限界に近い。

ヘロヘロ状態で日の出山を目指すもほぼグロッキー、残すは金毘羅尾根を走るだけだが、体力を使いきってしまい超惰性で走る、も道中かなり歩いてなんとかゴールの五日市会館に到着、12時間過ぎてしまい、過去ワーストを記録、今回はゴール出来ただけでも良かったです。

今年はかなりの選手が暑さや体調不良にやられたみたいで、完走率が過去最低を記録したとのこと。確かに今年は高温多湿濃霧路面状況の悪さと最悪三拍子が揃ってましたので厳しいレースだったと思います。

とにかく毎年思うことは『無事にゴール出来て良かった』です。また来年頑張ります。