サバネコ

トレイルランニングを中心に色々と書いていきます。※現在、療養中

エントリー費返還とハセツネエントリー

UTMFがエントリー費追加変換するそうです。 

「あんだよ、かなりの金額を返せるじゃんかよ!!!」

いろいろと際どい所を指摘していた方がいたし「こうゆう風になったか」という印象、

ああゆう動きが無ければ「そのまま」だったわけだし「発言(指摘)する」って行動は大事なんだなぁという事を思い知りました。

今後は何やら新体制で引き続き頑張っていくそうですが、自分としては今後この関連のイベントにはますます参加することはないと思います。

 

今日は今秋のハセツネ本戦の優先エントリーが開始されたようですね、

SNSでは「エントリーしたぜ!」との声が溢れていました。

今回、開催されなければ3年連続で開催されないといことになってしまうのか・・・【台風19号襲来(2018年)コロナ中止(2020年)】

さすがに3年無いのは考えただけでキツいですなぁ・・・

状況的に考えるとオリンピック後だからね、その影響が発生しているのかいないのか?

昨年の10月頃は状況的に問題無かったし、同日のKOUMIは開催したので時期を考えたら出来そうな気がしないでもないけどね、

ただ11月および12月に延期だけは避けてほしいですね、寒くなったら感染拡大の懸念の方が大きくなるわけだし、

優先エントリー権が無い輩は7月1日(木)10:00~のクリック合戦ですね!

どうすっかな?

開催まで約4カ月後、まだリスクはあるよね、先にも述べている「オリンピック後がどうなるか?」が懸念事項である。

あとは「体育館の密集及び荷物や寝泊り問題をどう解決するのか?」ですな、あの状況はクラスターが発生してもおかしくないと思っている。

体育館を閉鎖して野外対応としたとしても「雨降ったらどうするの?」、

そこら辺を「どのように考えているのか?」がわからんかぎりは参戦は怖くて出来んよ、

だだ、お知り合いの方が「何も目標が無くなった状態、開催出来るか出来ないなどは度外視し、開催すると思ってトレーニングする。目標を作る事が大事だ!」とおっしゃられていました。

最近の自分の”体たらくな感じ”としては、確かに以上の気持ちをもつことが大事なのかなと考えさせられます。